Suryamula(スーリアムーラ)

インド映画特別講座 【講師:松岡 環】

①南アジアのドキュメンタリー映画 ~『戦争と平和』&『ソング・オブ・ラホール』~

 スペース・アーナンディはこれまで「インド映画連続講座」を続けて来ましたが、今後は少し趣を変えた「インド映画特別講座」として、毎回違うテーマを取り上げていくことにしました。これまでは何かテーマを決め、それを5回連続の講座に組んでお話しして来たのですが、そのやり方では漏れるものもあることに気づいたためです。まず手始めに今回は、これまでお話の中でちらっとしか触れたことのない、ドキュメンタリー映画について取り上げます。

『戦争と平和 非暴力から問う核ナショナリズム』

 南アジア地域、中でもインド、パキスタン、バングラデシュは、ドキュメンタリー映画の制作が盛んな国です。2年に一度開催される<山形国際ドキュメンタリー映画祭>にエントリーする作品も多く、毎年、南アジアからどこかの国の映画が<コンペティション>または<アジア千波万波>というプログラムでの上映作に選ばれています。その後日本公開されたり、ソフト化されたりした作品の中から、今回はインドのアーナンド・パトワルダン監督作『戦争と平和 非暴力から問う核ナショナリズム』(2002)をご紹介します。これは、1998年にインド、続いてパキスタンが行った核実験に端を発する「核」の物語で、インド、パキスタン、日本、アメリカを取材した映像が使われています。インドの「核」をめぐる現実は、非常にショッキングです。

『ソング・オブ・ラホール』

 これともう1本、パキスタンのラホールを舞台にしたドキュメンタリー映画『ソング・オブ・ラホール』(2015)をご紹介したいと思います。実は、この映画の製作国はアメリカで、監督はパキスタン人女性のシャルミーン・ウベード=チナーイとアメリカ人のアンディ・ショーケンなのですが、パキスタン文化の現状がとてもよくわかる作品となっています。ラホールは以前、パキスタン映画の製作中心地として「ロリウッド」と呼ばれた土地。ですが、イスラーム思想が強くなり、映画は斜陽化して、映画界で働いていた音楽家たちは失業の憂き目に遭います。どうすればこの窮状を脱することができるか、と彼らが考えたのは、古典音楽の楽器を使ってジャズを演奏し、それをYouTubeにアップして、自分たちをアピールすることでした。その結果、奇跡のような出来事が起こります…。
 2本とも素晴らしい作品です。ぜひ、南アジアのドキュメンタリー映画の魅力を知っていただければと思います。  松岡 環

開催日
(2022年)
4/16(土) ※受付終了
4/23 (土)
※受付終了
5/14(土)
※残席1
※3回とも同内容の講座です。お好きな日を選んでお申込みください。
>>「受講申込フォーム」
時 間 15:00~17:30
※開場 14:30
場 所 スペース・アーナンディ
東急田園都市線「高津駅」<渋谷から各停で18分>下車1分
※詳細は申込者に直接お知らせいたします。
講 師 松岡 環(まつおか たまき)
[講師紹介]
1949年兵庫県生まれ。大阪外国語大学(現大阪大学)でヒンディー語を学び、1976年からインド映画の紹介と研究を開始。1980年代にインド映画祭を何度か開催したほか、様々なインド映画の上映に協力している。『ムトゥ 踊るマハラジャ』 『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』『きっと、うまくいく』 『女神は二度微笑む』 『PK ピーケイ』『パッドマン 5億人の女性を救った男』など、インド映画の字幕も多数担当。著書に、「アジア・映画の都/香港~インド・ムービーロード」(めこん/1997)、「インド映画完全ガイド」(世界文化社/2015/監修)。「新たなるインド映画の世界」(PICK UP PRESS/税込2,640円)も2022年4月に刊行。
参照サイト >>講師のブログ(外部サイト)
講座料 2,500円(含む資料&テキスト代)  ※当日お支払ください。
定 員 各回 11名様
映 像 120インチ プロジェクタースクリーン
留意事項 会場には10段程の階段があります。予めご承知おきください。
この講座は、床(座布団)に座ってご参加いただく形になりますので、楽な服装でお出でください。
今回も、①定員は約半分にし、ソーシャル・ディスタンスを確保する
②参加者はマスクを着用し、手の消毒も徹底する
③会場は消毒を励行、換気も徹底する
④その他、できうる限りの感染予防策を取る、という点に注意して実施します。現在は第6波が鎮まりつつある、とは言え、まだまだ油断はできません。こんな不安定な状況なので、中止のご連絡をする可能性もなきにしもあらずです。その点、悪しからずご了承下さい。
過去のテキスト
以前の講座のテキスト(A4判8ページのレジュメ+その回にお配りした参考資料)は、講座に来てくださる方に限り、1部500円でお分けします。
ご用意できるテキストは、以下の回のものです。

インド映画連続講座 第Ⅰ期「スターで辿るボリウッド映画史」
<第1回>アーミル・カーン
<第2回>シャー・ルク・カーン
<第3回>サルマーン・カーン
<第4回>アミターブ・バッチャン

インド映画連続講座 第Ⅱ期 「女優が輝くボリウッド映画の魅力」
<第1回>ディーピカー・パードゥコーン 
<第2回>プリヤンカー・チョープラー
<第3回>アヌシュカー・シャルマー
<第4回>カージョル
<第5回>アイテム・ガールズ
<第6回>シュリーデーヴィー

インド映画連続講座 第III期 「インド映画を読む!」
<第1回>ジェスチャーを読む! ~シャー・ルク・カーン作品から
<第2回>宗教とカーストを読む! ~アーミル・カーン作品から
<第3回>地理を読む! ~北インド・南インド・東インド
<第4回>歴史を読む! ~ムガル時代、英領時代、独立インド
<第5回>グローバル化を読む!

インド映画連続講座 第IV期 「映画で知る! インド人の生活」
<第1回>格差を知る! ~地域格差と経済格差
<第2回>衣服を知る! ~衣服のTPOと意味
<第3回>食文化を知る! ~映画に見る食のバラエティと作法
<第4回>祭りを知る! ~映画に描かれた祭りの数々
<第5回>通過儀礼を知る! ~インド人の人生を彩る儀式

インド映画連続講座 第V期 「インド映画のエレメンツ」
<第1回>音楽の魅力
<第2回>舞踊の魅力
<第3回>アクションの魅力
<第4回>神話の魅力
<第5回>スターの魅力

インド映画連続講座 第VI期「新たなるインド映画の世界」から
<第1回>インド映画とジェンダー
<第2回>インド映画とカースト制度
<第3回>インド映画と印パ問題
<第4回>インド映画と宗教
<第5回>インド映画と踊り

上記テキスト(1部500円)をご希望の方は、講座の3日前までに「受講申込フォーム」備考欄にお書き添えの上、お申込みください。
このテキストは、講座開催日に受付にてお渡しします

お問合せ >>こちらにて承ります。
お申込み >>「受講申込フォーム」
※過去のテキスト購入希望の方は「備考欄」にタイトルをお書き添えください
受講申込フォームへ

<< 前のページに戻る

「体験ヨーガ」受付中

新型コロナウイルス感染症対策

Blog 369

Inner child Therapy